おはやし日記

特にテーマ無しの日記。

限界自転車旅行(博多〜小倉)with関門海峡花火大会(その1)

8/13に門司・下関エリアで開催された関門海峡花火大会を見に,チャリンコで博多から小倉まで行きました。これはその記録です。

更新予定

その1: 博多〜小倉

その2: 花火大会の写真

その3: 小倉〜博多

往路

 

諸事情(後述)につき国道3号線や山越えを徹底的に避けたコースどりです。

諸事情

この前日(前々日だったかもしれない(?))にチャリ屋(イオンバイク某店)に持って行って点検してもらおうと思って走っていたら,段差を乗り越えたところで後輪から嫌に鋭い衝撃が来た。後輪を見たら案の定空気が抜けていたので前輪に体重乗せつつ進んでいたら前輪も空気抜けてきてこれはまずいかもなと思っていた。

イオンバイクに持って行ったら「空気抜けてますね」って言われたのであっそうですかって空気入れてもらって帰った。

空気入れも一応買ったし,まあどうにかなるやろ,と思っていた。

 

装備についてはその3で書きます。

出発

朝6時頃,起きたのでさっさと出発することにした。なんかタイヤ柔らかいなぁ〜と思って空気入れて,コンビニでおにぎりを補給,博多へ向かう。博多駅でやっぱ空気抜けてるのでは?と思ったけど手押しポンプで空気補給して北上

↑マイ自転車

パニアバッグ持ってたけど,持ち運びとか開閉が面倒だし,雨は多分回避できるだろうと思っていた()ので普通の手提げカバンをカラビナでキャリアに引っ掛けています。あ,ヘルメットはかぶってますよ

行くか戻るか

(07:30頃)名島橋のたもとで,後輪のバルブを交換。百円ショップで仕入れていたやつに変えました。虫ゴムってはめるのめっちゃ大変ですね。最初両方手に持って押し込んでいたけど,バルブコアを逆さまにチャリに押し付けてゴムをねじ込むと無事ハマりました。当然手押しで空気入れ直すもやっぱ頼りない感じ

(〜08:00頃)GoogleMapに乗せたルートの開始点である名島のローソンで,このままチャリ屋経由して進むか帰るか悩んでいました。帰った方が賢明なのは明らかなのだけど,花火見たいし,行くことにしました。結局小倉までチャリ屋には寄らなかったのだが……

古賀市突入

 GoogleMapの2つ目のチェックポイントですね,写真に看板が写っているセブンイレブンで休憩しました。また手押しポンプでシコシコ空気入れて出発

福津の海岸〜道の駅むなかた

この後福津市に突入,海岸通りを走りました。途中で北から来るロード乗りの人のすれ違い,会釈してもらえました。ニコ動のバイク車載で見る『ヤエー』的なやつじゃん!ってなって少しテンションが上がる

(09:35~09:50)セブンイレブン福津津屋崎店で補給休憩,道の駅むなかたへ。

意外と上下が激しかったが,「登ったら降りれる」と信じてなんとか乗り切り,道の駅むなかたに到着(10:20頃)。タイヤがヘタレていたので効率が悪くて無駄に疲れた感じがある

↑いい青空ですね

ソフトクリーム売ってたので買いたかったのだけど,現金が数十円ほどしかなかった(ずっとコンビニでクレカ使っていた)ので買えず断念。宗像の地産品とか売ってるところでクレカが使え,ポカリを売っていたので購入して出発

後半戦,海岸沿いを周って岡垣へ

道の駅むなかたから岡垣町に至るには,R495で垂見峠(Yahoo!地図によると標高約107m)を越える道もあったのだけど,まあタイヤ不調なので海岸線を通ろうと決めていたので県道300号へ

鐘崎の左上の方で右折し損ねるなどした

mstdn.jp

気をとりなおして海岸線へ

mstdn.jp

海岸沿いは,歩道のところが整備されていて結構走りやすかったです。ちなみに,車道は県道300号,「歩道」の方は「県道301号 遠賀宗像自転車道線」です

 

12時過ぎに,イオン岡垣に到着。特に書くこと無し

遠賀川通過

遠賀川を渡って水巻町に入りました。看板に英語で“Mizumaki Town”と書いてあるわけだけど,「ミズマキタウン」ってポケモンの町の名前にありそうだなって思った

 

そのまま休憩挟みつつ,二島あたりから福北ゆたか線に沿うようにして若松へ

若戸大橋ってチャリだめなの!?(調査不足)

若松に到着し,いざ若戸大橋を渡って戸畑へ行くぞ!と思ったら,若戸大橋はチャリ通れないって書いてあってえっどうすんねんってなる

スマホで調べると,若戸渡船というのに乗れば良いらしいので渡船場

ここで現金を切らしていることを思い出したので現金をおろしに若松駅のコンビニへ行くと,ちかくにボロボロの蒸気機関車が屋外展示されていました

f:id:o-treetree:20190815205821j:plain

さて,現金を手に入れて若戸渡船へ,大人100円,自転車込みだと150円でした

 ↑若戸渡船乗り場。後ろの赤いのが若戸大橋

f:id:o-treetree:20190815211959j:plain

↑乗ったやつ。市営なんすね。まあこれが無いと徒歩とチャリは向こうに渡れないわけだし市が整備するのはもっともか。

↑さよなら若松


無事戸畑へ渡れたので,小倉へ向かいます

ラスト,小倉へ

小倉へ向かう,というかイオンバイク小倉貴船店を目指します。マイ自転車はイオンバイクで購入して安心パックとやらに入っているので工賃がいくらかやすくなる。まあ明らかにパンクなので,すぐに直れば小倉駅に置いて,時間がかかるなら翌朝取りに来ればいいかと思っていた

こんな長距離走るならパンク修理くらい身につけてからにしろというのはもっともな話である。まあ今回は終わり良ければ全て良しということで(^_^;)(←おじさんクサい顔文字)

 

(16:00頃)イオンバイク小倉貴船店到着。店員にチャリを見せたら,チューブ交換まで行っても1時間半ほどでやってくれるらしい。これなら間に合うなと思ってチャリを預け,近くのガストでチーズインハンバーグを食べていたら,修理終わりましたよと電話が

前後ともに穴が空いていたらしい。まあよくここまで来れたなと思いつつ,しっかり圧が入ったタイヤに安心する。パンク修理だけだったので800円ほどで済みました。

 

タイヤ(チューブ)が直ると漕ぎ出しや惰行時の転がりが軽くなったのがバッチリわかって感動。小倉駅南口の駐輪場にチャリを停め,電車で門司港駅へ。関門海峡花火大会へ向かいます。

 

書くのも疲れたし,今回はここまで。

プライバシーポリシー ・お問い合わせはこちら